プロミスの審査や増額

プロミスの増額について教えて!

消費者金融というのはどういったものか考えてみたことがあるでしょうか。お金を借りる場所、それが消費者金融だと考えているのであれば少々違うものです。銀行も信販も、そして消費者金融もお金を借りる場所。それでもそれぞれに違いがあるのは金利が違う、経営体制が違う、返済方式が違う、公開されていることも違う、非常に多くの「違い」があるものです。

 

消費者金融というのは非常にあいまいな世界であることはたしかです。審査内容の公開がないのはどこも同じことではありますが、どの金利が適用されるかも実際に利用してみなければわからないもの。利息がどれほどになるのか不安な中で借入をするのは怖いものです。とはいえ、18.0%というのが今の消費者金融の上限金利、昔の様にそれ以上が当然であるということはありません。それはプロミスも同じこと。

 

審査が行われ、その審査内容や可決否決の結果は知ることができても内容は知ることができない、それは新規であれ増額であれ同じこと。あいまいなようで、それでも利用者に対して情報公開をできるだけ行い、会員サービスも明確にしているのはプロミスの利点になります。

 

他の消費者金融では、会員ページもおぼつかないということも珍しいことではありませんし、明細を確認するのも自宅への郵送以外に手段はないということもまた珍しくはありません。プロミスはわかりやすい消費者金融になります。新規申し込みや増額に否決されるかもしれませんが、それでも試してみる価値の高いところではあります。

キャッシング増枠審査は問い合わせてもよい。

キャッシングとは、今の世の中誰でも持っていると言っても過言ではないほど普及しているクレジットカードの中に含まれるサービスの一つです。クレジットカードで買い物や公共料金の支払いに使われている方は多いと思います。

 

キャッシングは手元に現金が無く今すぐ現金が欲しい方の為にATMなどで現金が引き出せるシステムです。各会社によって金利や返済方法、限度額が違ってきます。借りるにあったて一番心配なのが金利ですよね。

 

借りる金額によっては返済金額が大きく変わってきますので各会社の金利表を見比べるとどこがお得か良く分かります。金利はクレジットカードで利用した時と違い少し高めの金利が付くことが多いようです。

 

こういった便利なキャッシングサービスも使いたいだけ現金が引き出せるわけではないようです。前にも記載しましたが限度額というものがあります。こちらも会社によって限度額が異なりますがだいたい最高500万円前後まで貸してもらえるようです。

 

カードを造ってすぐに500万円を貸し付けてくれるかというとそうではありません。

 

クレジットカードには利用可能枠というものがありクレジットにしろキャッシングにしろローンにしろ利用可能枠内での限度額などが設定されています。キャッシングなら初めは10万円ぐらいから貸し付けスタートとなります。

 

利用可能枠内の貸付金額を増やしてもらうことを増枠と言いますが、半年〜一年ほど滞納もなく審査の結果が良ければ少しずつ限度額も上がっていくようです。中には可能枠より多くお金が必要な方も出てくるかもしれません。

 

増枠を早くして欲しい方は電話で問い合わせて増枠条件に適しているかの審査をクリアーすれば増枠される事もあるそうです。

20110516追加 728*90